山梨慢性看護研究会について

慢性病は、脳血管疾患のように生活に支障をきたすばかりでなくボディイメージの変化をもたらすもの、糖尿病のように自覚症状は乏しいですが日常生活のコントロールを持続的に必要とするもの、神経難病のように原因や治療法が不明なまま症状の進行と向き合いつつ生活しなければならないものなど、様々な様相を持っています。

慢性病患者は、先行きの見えにくさや喪失体験、症状に伴う苦痛といった多様な困難や苦悩を抱えて生活しているのですが、現実には、これら慢性病患者への看護の知の体系化は進んでいません。

そこで、慢性看護に関する研究や研修、相談などの事業をとおして、会員の能力向上と慢性看護の質向上を図ることを目的とし、山梨県立大学大学院看護学研究科「慢性期看護学専門分野」の教員と修了生が中心になって[山梨慢性看護研究会]を設立しました。

顧問   松下由美子( 佐久大学看護学部・大学院看護学研究科

教授)

監事/会計監査  米田昭子 (山梨県立大学看護学部・大学院看護学研究科 准教授/慢性疾患看護専門看護師)

会長 武田真弓 (甲府共立病院/慢性疾患看護専門看護師)

副会長 須森未枝子 (山梨県立中央病院/慢性疾患看護専門看護師)

役員 市川美生 (国立病院機構災害医療センター/慢性疾患看護専門看護師)

役員  有泉優子 (山梨県立中央病院/慢性疾患看護専門看護師)

役員  大石一輝 (国立病院機構 甲府病院 看護師)

役員 大森 泉 (甲府共立病院/慢性疾患看護専門看護師)

役員  前田直子 (大学院修了生)

オブザーバー  八巻和子( 国立病院機構甲府病院 助産師/専門看護師)

事務局/会計  高岸弘美 (山梨県立大学看護学部 講師)