第11回日本慢性看護学会 学術集会参加しました

2017年7月1日、2日の2日間にわたって、佐久大学看護学部にて第11回日本慢性看護学会学術集会が開催されました。山梨慢性看護研究会では、武田真弓会長を中心に、ワークショップ「患者の力を活かす」と題して、慶應義塾大学看護医療学部教授 加藤眞三先生を講師として学会参加者や市民の方とワールドカフェ形式でワークショップを行いました。

山梨慢性看護研究会                     YAMANASHI Society for Chronic Illness and Conditions Nursing

慢性看護に関する研究や研修、相談などの事業をとおして、会員の能力向上と慢性看護の質向上を図ることを目的とし、山梨県立大学大学院看護学研究科「慢性期看護学分野」の教員と修了生が中心になって「山梨慢性看護研究会」を2010年に設立しました。